'."\n";?> dogsalonここ掘れwanwan

dogsalonここ掘れwanwan

犬の概要

犬の学名は Canis lupus familiaris。イヌはリンネ(1758年)以来、伝統的に独立種 Canis familiaris とされてきましたが、イヌをタイリクオオカミ (Canis lupus) の亜種の一つとする学説(1993年、 D.E.Wilson and D.A.M.Reeder)が、受け入れられつつあります。 およそ3000万年前にイヌ科で最古の祖先へスペロキオンがミアキスから進化し、北アメリカ大陸で誕生しました。 およそ2000万年前にはユーラシア大陸へ移動し、さらに進化して犬の祖先といわれるトマルクトゥスとなり、アジアからヨーロッパやアフリカに広まって進化後、再び北アメリカ大陸に戻ったと考えられています

犬種は、現在、ジャパンケネルクラブ (JKC) において、国際畜犬連盟 (FCI) が公認する331犬種を公認し、そのうち176犬種を登録してスタンダードを定めています。

イヌの起源

イヌは最も古くに家畜化された動物です。 分子系統学的研究では、1万5千年以上前に東アジアでオオカミから分化したと推定されていて、イヌの野生原種はタイリクオオカミ (Canis lupus) の亜種のいずれかと考えられています。 イヌのDNAの組成は、オオカミとほとんど変わりがありません。 イヌがオオカミと分岐してからの1万5千年がたっていますが、この期間は種分化としては短いものとなっています。 そのため、イヌを独立種とするかオオカミの亜種とするかで議論が分かれていますが、交雑可能な点などから亜種とする意見が優勢となりつつあります。

海外の犬と歴史・文化

犬は、人間と暮らし始めた最も古い動物であり、民族文化や表現中に多く登場します。

古代メソポタミアやギリシャでは彫刻や壷に飼い犬が描かれていました。 また、古代エジプトでは、アヌビス神として犬は死を司る存在とされていて、飼い犬が死ぬと埋葬されていました。 紀元前に中東に広まったゾロアスター教でも、イヌは神聖とみなされました。 中世ヨーロッパの時代には、宗教的迷信により魔女の手先として忌み嫌われ虐待・虐殺された猫に対し、犬は邪悪なものから人々を守るとされ待遇は良かったそうです。

逆に、犬を邪悪なものとしてみなすこともありました。 ユダヤ教では、聖書に20回近く登場していますが、ブタとともに不浄の動物とされています。 イスラム教では、邪悪な生き物とされました。 実際、イスラム圏で犬が飼われる事は少ないとされています。

その反面、欧米諸国では多くの犬が家族の一員として人間と生活をともにしていて、日本は、全世帯の20%ほどが犬を飼っているとされています。
古代中国では、生贄として呪術や儀式にも利用されていました。 古来から、人間の感じることのできない超自然的な存在によく感応する神秘的な動物ともされたため、地獄の番犬「ケルベロス」のように死と結びつけられることもありました。

日本の犬と歴史・文化

日本では、縄文時代の遺跡から埋葬されたイヌが見つかっていて、古代から犬を飼う習慣が日本列島に渡ってきたと考えられます。 しかし弥生時代の長崎県・原の辻(はるのつじ)遺跡など見つかった犬の骨には、解体された痕があり、食用にもされていたと考えられます。 このことは、675年4月1日から9月30日の期間牛・馬・犬・猿・鶏ののいわゆる肉食禁止令をだされていたと「日本書紀」に記されていることから、実際に犬を食べていたと考えられます。そのほかにも、米を犬の餌にしていたらしく、「この米はイヌを太らせて食べるためのもので、客をもてなすための食用犬だった」との説が発表されています。

食用の家畜として飼われてきたような感じのある犬ですが、『日本書紀』には、日本武尊が神坂峠を超えるときに一匹の狗(犬)が姿をあらわし、危機を救ったとされ、神聖なものであったことも間違いはありません。

奈良時代・平安時代には、貴族が鷹狩や守衛に使うイヌを飼育する職として犬養部(犬飼部)が存在しました。 鎌倉時代には、武士の弓術修練の一つとして、走り回るイヌを・引目矢(ひきめやー丸い緩衝材付きの矢)で射る犬追物や犬を争わせる闘犬が盛んになり、姫路城内のゴミの穴からは犬の骨が発見されています。 江戸幕府中期の江戸では、野犬が多く赤ちゃんを食い殺す事件もありました。 五代将軍徳川綱吉は戌年の戌月の戌の日の生まれであったため、彼によって発布された「生類憐れみの令」(1685年 - 1709年)において、イヌは特に保護(生類憐みの令は人間を含む全ての生き物に対する愛護法令)れ、元禄9年には犬を殺した江戸の町人が獄門という処罰までうけています。 綱吉自身大の愛犬家で犬を百匹飼い、かごで運ばせていて、綱吉は当時の人々から「犬公方」(いぬくぼう)とのあだ名で呼ばれました。

狩りと犬

欧米諸国は、狩猟の盛んな土地柄であるため、猟犬との共存が長く続きました。 このことは、愛犬家団体の設立が物語っていて、世界で最古に設立された愛犬家団体「ケンネルクラブ」はイギリスで1873年に、アメリカンケンネルクラブは1884年に設立されています。 ヨーロッパ諸国の王家や貴族の間では、伝統的に愛玩用、護衛用、狩猟用などとして犬が飼われていました。 愛犬家の王として知られているのは、イングランド王チャールズ2世・エドワード7世・ヴィクトリア女王・エリザベス2世です。 現在でもイギリス王室は犬舎を所有して、犬を飼育・繁殖しています。

人と犬

イヌは一般に出産が軽い(安産)とされています。 これにあやかうように、戌の日に安産を願い犬張子や帯祝いの習慣が始まるようになり今でも続いています。

犬は、「人間の最良の友 (Man's best friend)」と言われるように、その家族に忠実なところがプラスイメージもあります。 しかし、その反面「犬死に」「犬侍」「犬じもの」「負け犬」のようにマイナスの意味で使われることもありますし、忠実さを逆手にとって、権力の手先やスパイの意味で「犬」とよばれることもあります。

犬日記

自動車 メンテナンスをしっかりした車を、中古車 売却します。いくらくらいになるかなぁ?高値で車 売却されますように。